ド素人が仮想通貨を勉強してみた。

ども、t24(@ta24nagoya)です。

今月も色々と魅力的な鉄道模型が出てますね。欲しい欲しい病で金欠になってしまいます。

私は、東海地区で特に名古屋近郊のJRの車両を中心に集めています。年代もここ5年以内で現役で稼働している車両と限定してます。
そうしないと、「あれもほしい、これもほしい、もっともっと欲しい」となってしまいます。

また、JR貨物の機関車だとDD51が国鉄色、更新色と国鉄色の重連用と3台も800番台が在籍しています。アホですね~。エリアや年代を限定してもこんな状態なので、
本当にお金がかかります。

サラリーマンのしがない小遣いでは、とても厳しい。レイアウトも作りたいし、まだ欲しい車両もある・・・・。

そこで、アホはアホなりになんとか小遣いを増やすべく色々勉強しています。

一番ホットなのは、最近、テレビでもCMをやり始めた「仮想通貨」への投資でしょうか?

懐疑的なイメージをお持ちの方も多いと思います。でも、面白いです。

本当にめちゃくちゃ簡単にまとめただけですが、ご参考になれば。

①仮想通貨とは

特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの法定通貨と交換することで入手でき、一部の商品やサービスの決済に利用できる。紙幣や硬貨のような目に見える形では存在せず、電子データとして存在し、不正防止のために暗号技術を用い、ネット上の複数コンピュータで記録を共有・相互監視するブロックチェーンで管理されている。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

代表的なものが「ビットコイン」です。他に有名なものでは「イーサリアム」や「ネム」「モナーコイン」などがあります。

肝は「ブロックチェーン」というシステムになります。

②ブロックチェーンとは

分散型ネットワークを構成する多数のコンピューターに、公開鍵暗号などの暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法。ビットコインなどの暗号通貨に用いられる基盤技術。一部のコンピューターで取引データを改竄(かいざん)しても、他のコンピューターとの多数決によって正しい取引データが選ばれる。名称は、取引情報の履歴が鎖状につながれていることに由来する。分散型台帳。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

 

何がすごくて、何が便利なのかはググればいっぱい出てきます。この「ブロックチェーン」の技術については、「マイニング」って単語と一緒に調べてみてください。

③どーやったら仮想通貨買えんねん?
仮想通貨取引所を利用します。国内で10種類以上、海外も含めるとすごい数がありますが、国内の買うのが無難でしょう。
ビットフライヤー、ザイフ、コインチェック当たりでアカウントを取ることをお勧めします。

取引所の比較についても、ググればめちゃくちゃでてきます(手抜き記事やな・・・、オイ)。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

現在は、どこも登録希望者が多くて、登録までに時間がかかるようですね。

ちなみに私が仮想通貨について、調べ出した時(2017年11月)の「ビットコイン」の価格が1BTC=600,000~700,000円(JPY)くらいです。それが2,000,000円を越した時期もあったんですよね。
何倍になってんねん!!って話ですわ。

しかし、その時はもっと勉強してから買おうと、購入を見送ってしまいました(無念すぎる・・・)。

試しに「モナーコイン」をJPY5,000円分買ったのですが、あっという間にJPY8,000円ぐらいになって焦って利確してしまいました(無念すぎる・・・)。
FXや株ではここまでの年利ではありませんからね。

仮想通貨は革命的な要素が多く、投資以外にも関心を持って勉強しています。

みなさんも懐疑的な先入観を持たず、勉強してみてはいかかでしょうか?

 

 

ただ、いつまでもこのような状況ではないでしょうし、投資には自己責任のリスクがあります。その点は注意が必要です。

 

ではでは


1時間でわかるビットコイン投資入門  ~誰でもできる超シンプル投資法~ (NextPublishing)


5000円ではじめる仮想通貨投資入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です