トミックス限定品 「DD51さよなら紀勢貨物」

ども、t24(@t24nagoya)です。

前回に引き続き、DD51関連です。

管理人が大切にしているトミックス限定品の「DD51さよなら紀勢貨物」です。

 

実車は?

紀勢本線の鵜殿駅から東海道本線の稲沢駅間で運転される貨物列車は、通称「紀勢貨物」などの愛称で呼ばれていました。同列車は鵜殿駅から専用線で結ばれる北越紀州製紙から紙製品輸送のために運行され、かつれは有蓋車による輸送でしたが、コンテナ輸送へと代わりました。晩年は愛知機関区のDD51形が単機にてけん引を担当し、コキ7両にて運行されていました。同列車は数少なくなったDD51形で運転される列車であると共に、紀勢本線の風光明媚な風景の中を走ることでも、ファンなどから注目を集めましたが、2013(平成25)年、紙製品輸送方法の変更によって運転を終了しました。

TOMIX JRさよならDD51紀勢本線貨物列車セット 説明書の「実車ガイド」から抜粋

今から5年前に廃止されています。

DD51の重連で運転されていた時期もあったようですね。

実車の写真を撮りたかったなあ~

 

模型を見る

 

シンプルな図柄ですが、迫力を感じる写真が使われています。

 

DD51とコキのフルコン7両。8両の構成。

コキもコンテナも最終運行日と同番号で再現されてます。

 

貨物列車の車両数としてはかなり短い部類ですが、模型を走らすには丁度よい車両数です。

 

DD51は

前回記事にて紹介した現行品のHGですが、運転席付近には区札などがつけられており、限定品ならではのこだわりを感じます。

ただ、車番については、最終日は852号機だったので、初めから入れていてほしかった。

 

最後に

再生産はほぼ見込めない製品の為、購入してよかった。

限定品という名前が付くと、本当に財布のㇶもがゆるゆるになってしまいます。

東海地区にはまだ、かなり個性的な貨物が残存しており(過去記事参照)模型で実車の再現ができるものあります。

 

また、紙製品という括りだと春日井市の王子製紙の工場から専用貨物がでており、こちらも名物列車です。かつては有蓋車のワムで構成されていましたが、現在ではすべてコンテナに代わっています。

 

ではでは。

鉄道コム
TOMIX Nゲージ 98915 <限定>さよならDD51紀勢本線貨物列車セット

TOMIX Nゲージ 92977 限定 EF66・ワム380000形 (専用貨物列車) セット

TOMIX Nゲージ コキ107コンテナなし 2753 鉄道模型 貨車

TOMIX Nゲージ DE10 ワム80000形 貨物列車セット 92404 鉄道模型 客車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です