トミックス10月発売予定新製品

まず、トミックスの新制御システムのTNOSが10月発売予定ですね。

下記のPDFファイルをご参照ください。

tnos_pamph

ギャップで区切ることで、車両側に加工もせず、同一線路での2列車の制御ができたり、加減速率、最高速度などを個別設定できたり、本線側と待避線側両方に給電するため、停車中でも両列車のライト類が点灯可能だったり、とても魅力的です!

これまではKATOが推奨しているDCC(デジタルコマンドコントロール)でしかできなかったことが、このようなやり方で提案してくるとはトミックスも流石ですね。

DCCも非常に魅力的ですが、車両側に結構大変な加工が必要だったり、敷居が高かったんですね(ただ、難易度が高いのですが、DCCだと機関車のライトの制御や汽笛の制御なんかもできるので、そこはとても素晴らしい点です)。

TNOSもイニシャルコストはそれなりに掛かるようですし、複線のレイアウトだとなかなかお金の面で厳しい。管理人もレールシステムはトミックスを使用しており、関心はとてもあったのですが、購入には踏み切れていません。ただ、これは普及する要素が高いので、実際に導入された方の感想等を是非、お聞きしたいと思います。

また、各JRのDE10も発売されますね。こちらは製品内にある投票用紙で各DE10が牽引していた車両の人気を選挙し、1位は製品化するというもの。

TOMIX-DE-SENKYO

「ナコ座」や「コキ71」がいいじゃんと思っていたのですが、DE10の人気からいくと厳しいかな~。

面白い企画だと思いますが、あまり次から次に同じようなことはしないでほしいです。お金の問題がありますので・・・。

京葉臨海鉄道のKD55なんてマニアックな車両もだしますね。DD13の金型流用でしょうか?それであれば名古屋臨海鉄道のND552とか、DE10の金型流用して衣浦臨海鉄道のKE65なんかも市場に出してもらえませんかね。私は絶対に買いますよ!

模型鉄の方でも好みは、さまざまでしょうし、トミックスもKATOもグリーンマックスもマイクロエースも各社しのぎを削っていい製品を出してますよね。

本当にいい製品が多くて、あれも欲しい、これも欲しいとなってしまします。自分がどのようなコンセプトで模型を走らせるかをきちんと考えないと、ほんと、フトコロが大変なことになってしまいますわ。

うれしいけど悩ましいですね。

さあ、頑張って貯金しよう。

 




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です