SONY α7Ⅱ 購入!!

ついに約10年ぶりに一眼レフカメラを購入しました(正確には「一眼レフ」ではないのですが、まあわかり易いので。。。)。

今まではSONYのAPS-C機「α200」を長年、使用していましたが、念願のフルサイズの一眼レフである、同じくSONY「α7Ⅱ」を購入しました。10/15までに購入するとキャッシュバックキャンペーンも行われており、本体の購入で2万円が戻ってくることも大きいですね。

(まだ購入して間もないので評価は後日ということで。。。)

 

なんで私がSONY機を愛用しているのかは、保有しているレンズが大きな理由です。

小学生時代にお小遣いを頑張って貯めて、初めて中古で購入してカメラがミノルタ「α7000」(確か世界初のオートフォーカス一眼レフカメラじゃなかったかな?)

それから50mmレンズ、135mmレンズを購入。本体にセットになっていた35-70mmのズームレンズを含めるとミノルタ製レンズを3本保有しており、必然的にミノルタのαシリーズを継承したSONY機を購入しているのです。

 

ただ、レンズも買い替えすることも含めて、NIKONやCANON等も考えたのですが、下記のメリットを考慮し、

①コンパクトな本体。持ち歩くには「小さく」て「軽い」に越したことはない。

②フルサイズ機での価格比較をするとコストパフォーマンスは非常によい。

③そして、上記にも書いたとおりミノルタのレンズ資産を活かせる

④世界初のフルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正搭載(←この評価はネット上では高いようです。早く試してみたい!!)。

SONYの「α7Ⅱ」を購入することにしました。

 

ただ、下記のデメリットもあります。

①私の保有しているレンズがミノルタ製の「Aマウント」という本体とレンズの接合機構のものです。ただ、「α7Ⅱ」は新しいSONYの接合機構の「Eマウント」を採用しており、「Aマウント」レンズを使用するには「マウントアダプター」が必要。純正の「マウントアダプター」LA-EA4が約3万円程度(コストアップ!)。当然「マウントアダプター」分レンズが長くなるし、オートフォーカス用のモーターも付いているのでそれなりの大きさ、重さとなります。

レンズを活かす為でやむを得ないのですが、SONYのメリットである「コンパクト」さを少しオフセットしてしまっている感は否めません。また、「Eマウント」はまだ新しい規格で、レンズも種類が少ない(今後は増えてくるはずですが)。

②次期型(噂では「α7Ⅲ」?)の発売が近いと噂されています。その段階で購入した方がより最新技術が入った(4k動画とかかな?)ものとなるでしょう。また、バッテリーの持ちが非常に悪いことやボタンの配置についても、問題視されている意見も多くネット上に記載されているのでそのあたりも改善されてくるでしょうね。

③ミラーレス機である。光学式ファインダーではなく、電子式ファインダーの為、若干のタイムラグ等問題があると一般的には言われています。ただ、私が少し使用してみた感じでは、違和感はほとんどなかったです。ミラーレスであるが故に本体がコンパクトなので、そこはデメリットとまでは言えないかも知れません。

書いてみるとデメリットが多いですが、特に私にとっては②③はそれほど気になるものでもないですかね。

 

また使用してからの評価は後日書き込みたいと思います。

 

 

下は本体+マウントアダプター+ミノルタ製50mmレンズ装着時の写真です。

ではでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です