新幹線を比較してみた

出張で埼玉県深谷市へ行ってきました。

名古屋から東京まではいつもどおり東海道新幹線のN700系「のぞみ」。

そこから上越新幹線に乗り換えて、熊谷まで。そこからはJR高崎線で深谷へ。

東京での接続で少し待ち時間があったので、ホームで写真を…

上からE5系、E7系、E2系、E5+E6系。少しの待ち時間で4形式も。東海道新幹線では基本的に見ることのない先頭車同士を連結している新幹線を見ることができました。

 

そして乗車したのはE7系の「あさま」

現時点で一番最新の新幹線車両ですね。車内も快適でした。

 

普段はほぼ、JR東日本の新幹線車両に乗ることはないんですが、JR東海と違って、車種が豊富で面白いですね。

ただ、これだけ異なる車種があると管理コストはかかっているとは思いますが、鉄の立場からすると楽しい。

上記以外にも、フル2階建てのE4系もありますし、1Fに乗ると景色が楽しめないけど、輸送力は半端ないですね。

新幹線にはあまり興味がなかったんですが、こうしてみると東海と東日本とでかなりの違いがあり、興味が出てきました。私的な見解ですが、効率重視の東海と個性的な東日本。模型で走らせるなら東日本ですかね。

西日本でしか会えない500系も東海道新幹線に復活したらいいのにな。

北海道から九州まで物理的には新幹線もつながっているというのは、よくよく考えると凄いことなんだなと思います。まあ、直通を走らせる需要はないし、北海道、東日本、東海、西日本、九州のJRの5社を跨ぐので調整も大変でしょうけど、北海道から九州まで新幹線で旅するもの面白いとは思います。

新幹線が既存在来線を駆逐しているようなイメージがあって、先述したようにあまり興味がなかったんですが、食わず嫌いだったかも知れません。

同じ鉄道には変わりはないのですから、新幹線にも今後は注目したいと思います。

 

ブルートレインもなくなって随分経ちました。国鉄型の車両も少なくなってきました。機関車も旅客鉄道では非常に少なくなってきて、寂しい感は否めませんが、それも時代だということでしょうか?

仕方ないですね。模型で走らせて満足するしか。

 




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です