筋トレするならエニタイムフィットネスへ行け!!

ども、t24です。

寒い時期ですが、ランニングをしている人も多く見かけます。健康に気を付けている人が多くなり、ランニングはかなり長いブームになってますね。その延長でフルマラソンに参加される方も増えているんではないでしょうか。

膝などが悪いお年寄りの方ですと専らプールなどで歩いている方も多いですね。

しかし、管理人はジョギング、ランニングの類が苦手でもっぱら筋トレばっかりです。スタジオもプールも利用しません。
恐らく同じような状況の方も多いと思います。

そこで今回は、近年、急速に数を増やしている24時間営業のエニタイムフィットネスを紹介します。私も会員です。

エニタイムフィットネスとは

1)24時間年中無休
エニタイムフィットネスはどんなに忙しい方でも大丈夫です。
エニタイムフィットネスの会員になれば、昼夜関係なく、あなたにとって最適な時間をトレーニングに費やすことが可能となります

2)マシンジム特化型
エニタイムフィットネスにはプールやスタジオはありません。
カラダのコンディションを維持・向上するにはマシンジムでのトレーニングは、最も効果的で安全なのです。
*シャワー室完備ですから安心してください。

3)ナットクの低価格
誰もが健康でありたいと願うように、低価格を望んでいるはず…。 最高の設備とクラブスタッフによるサポートやバックアップも込みで、価格以上の価値を実感していただけるはずです!

4)世界全店利用可能

エニタイムフィットネスは、国内の全店舗はもちろん、世界25カ国、3,500以上の店舗をご利用いただけます。しかも追加料金なしで!
家の近くでも、仕事場の近くでも、遠い出張先でもエニタイムOK!

エニタイムフィットネスのHPから抜粋

 

まず、1)から説明をします。
大抵のジムが定休日があり、遅くても夜の11時ごろには閉店してしまうのですが、24時間開いているので、行きたい時に行けます。忙しいサラリーマンにとっては非常に都合いいのです。

2)私の行っているところではマシンとフリーウェイト、ランニングマシーン(トレッドミル)、エアロバイクがズラっとならんでおり、色々な種類のトレーニングが可能です。

3)既存のジムでは色々コースがありますが、常に施設の機器を使えるとなると月額1万円以上はします。
エニタイムフィットネスでは、プールやスタジオがないので維持管理費が安くすむのでしょう。月額はだいたい7~8,000円です(店舗によって異なります)。

4)国内に250店舗以上、海外にも北米等に店舗があります(エニタイムフィットネスはアメリカが発祥です)。
出張でもジムに行けます。

筋トレやランニングマシーンの利用がメインで、スタジオやプールに必要性がない方はとても利便性が高いです。

ただ、デメリットもあります。
①スタッフのいる時間が限られている。
私の行っている店舗では10~19時はスタッフがいますが、人数も少ないです。そして、その他の時間は不在。また、日曜日も不在・・・。
つまり土曜日の19時から月曜日の10時までスタッフがいないんです。

なので、トイレやシャワーの清掃が入らないので、ちょっと汚いことがある。また、スタッフがいない時間帯はマシンの使い方とかも当然教えてもらえない(周りの人も会話することなく、結構黙々とトレーニングしてるので、話かけにくい)。

スタッフがいないので、利用者のモラルとルールによるところが大きいですね。カメラの監視は十分されているし、セキュリティ会社への通報もすぐにできるようになっていますが、この点は既存のジムよりリスクは高いです。

②ロッカーが駄目、更衣室も狭い。
カメラで監視された、カギのない荷物棚です。更衣室も狭いです。

ロッカーについては別料金を払えば個人ロッカーが使えます。

以上、エニタイムフィットネスの紹介でした。

エニタイム以外にも「ジョイフィット ジム24」とか「デイオス24」とかもありますし、今後は24時間フィットネスはどんどん増えていくでしょうね。

ではでは。


ビーレジェンド ホエイプロテイン 激うまチョコ風味 1Kg

上半身を鍛え上げろ☆ベンチプレス/フィットネス・ジム・トレーニング/AND-6453B/###ベンチプレス6453B###



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です