3/17ダイヤ改正 JR東海名古屋駅 2番線が使用停止です。

ども、土日の2日連続で家族仕業の為、鉄分不足のt24(@t24nagoya)です。

家族仕業ではありましたが、JRゲートタワーへ出掛ける予定がありましたので、三省堂名古屋本店へ出向き、2018JR貨物時刻表を購入致しました。↓

販売している書店が限られているので、通販が便利です。書店では¥2,500。通販だと送料が追加となり¥3,000ですよ。

名古屋駅に出るには、普段は地下鉄東山線1本で行くのですが、今日はわざわざ千種駅でJRに乗り換えてみました。
千種駅を通過する回送列車(211系5000番台)↓スマホ(ASUSのZenFone 3)撮影ですが、思ったよりきれいに撮れてます。

そして名古屋駅へ。3/17にJR東海もご多分にもれず、ダイヤ改正を実施したのですが、東海道新幹線「のぞみ」の時間短縮やら、特急「ひだ」の最終列車発車時刻の繰り下げなどなど、結構地味め。
話題となったのは、小田急が片乗り入れして新宿~御殿場を結んでいる特急「あさぎり」が「ふじさん」に名称を変更したことぐらいでしょうか(使用車両は小田急ロマンスカーMSE60000形)。

名古屋エリアからは遠い話ですので、名古屋駅のダイヤ改正の案内の貼紙にはそのことは触れてませんけどね・・・↓

そして、意外と知られていないかもなんですが、東海道線の上り(豊橋方面)快速が発着していた2番線が使用停止になっていました。↓

どうやら、

JR東海は15日、来春のダイヤ改正(3月17日)から、名古屋駅在来線の2番線ホームの使用を一時停止すると発表した。リニア中央新幹線駅の建設工事のためという。1年程度の予定で、その後は1番線ホームの使用を停止する。

 東海道線上り線で使われており、現在は主に1番線が普通列車、2番線で快速列車が発着している。

 2番線の線路の下には、JRセントラルタワーズを建設した際の土止めの板などが深さ約19メートルまで埋まっており、地下30メートルにリニア駅を造るため、これらを取り除く必要があるという。

 1番線の下にはタワーズへ物品を搬入するための車道があり、2番線の下の埋設物を除いた後、これも一時取り除くという。

(引用:毎日新聞

というのが事情のようなんです。

これは地味に不便になります。同一ホームでの乗り換えができなくなります(普通で名古屋まで来て、途中の駅を通過して先行する快速に乗り換えることは多い)。
隣のホームに移動するのって結構階段の上り下りが多いから、お年寄りとか小さい子供連れとか、体に障害がある人などはなお、不便。
しかも、2番線の後は1番線も使用停止になるみたいです。2年間ほどは同一ホームの乗り換えができないみたい。
ググってみたんですが、あまり記事が少ないので、意外と知られていないかも・・・。

しばらくは不便になることは、一応頭に入れておいたほうがいいかと思います。

ではでは
鉄道コム

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です