グリーンマックス211系5000番台 来ました

ども、地味車両好きのt24です。
グリーンマックスのJR東海211系5000番台(4両動力付き)が、手に入りましたのでレビューです。

外観のレビューです(なかなか走らせる時間がない( ;∀;)ので動力は後日)

①外箱(比較用にトミックスの0番台を横に置きました)。

②中身

③クモハ(右側は比較用トミックス0番台)

④クハ(右側は比較用トミックス0番台)

①外箱
トミックスの方が豪華です。ただ、収納スペースを考えるとグリーンマックスで十分な大きさです(トミックスの内箱は5両対応なので1両分デッドスペースあり)。

②中身
問題なし。
車番が印刷されているのは助かりますね。トミックスはインレタを貼り付ける必要がありました。この作業は無精ですので面倒くさいんです。またこの車番ってこだわりも複数編成保有する予定もないので印刷済みは助かります。

③クモハ
④クハ
いいですね。こうしてみるとスカート周り、運転助士側と貫通扉窓の大きさの違い、屋根のクーラーの違いなどもよくわかります。
クモハ側のパンタグラフは0番台(トミックス側)のプロトタイプがJR発足時の為、菱形ですが、現車は5000番台と同じくシングルアーム化されています。

屋根の部品を取り付ける必要がないのもいいですね。何度もいいますが、無精なんです。

グリーンマックスのJR東海211系5000番台はいい出来ですね。

KATOの313系と併結するのは現時点で考えてはいないので、このままで十分でしょうか? 車両間隔がアーノルドカプラーで広いのでそこはいずれ修正するつもりです。

こうしてトミックスの0番台と比較すると、どちらもよくできているな~という印象です。

保有するのはJR東海地区の211系は0番台だけでいいかと思っていたのですが、5000番台との差がよくわかり、両番台とも同時に走らせるのも楽しいでしょうね。

迷ったんですが、購入してよかったです。

走らせるのは楽しみです。ってかとっと走らせて、モータの確認しろって感じですね。次回はトミックス0番台とも走らせて、走行についてもレビューしたいと思います。

ではでは。

【実車写真を追加】

 


グリーンマックス Nゲージ JR211系5000番台 4両編成セット 動力無し 30685 鉄道模型 電車


KATO Nゲージ 211系 3000番台 基本 8両セット 10-424 鉄道模型 電車




鉄道コム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です